歯を白くしたい
blog42

歯が白く綺麗になれば、それで満足という方も多いことと思います。
しかし、歯を白くする事がだけで美しいと言えるでしょうか?
きれいで尚且つ、歯の持つ本来の役割、機能美を併せ持ってこそ歯科における審美であると考えます。
歯の機能を回復する治療はすべて審美歯科の範疇なのです。 言い換えると総合的な歯科医療であるということです。
単に歯を白くすることではなく、美しい歯並びやバランスのとれた歯肉などを含めた口腔内全体のトータル的な環境づくりを行い、そのひと本来の健康的で美しい笑顔を手に入れることを目的としています。

セラミック

色味に透明感があり、健康的な歯に近い色をしているセラミックを使って歯の詰め物や被せ物を作製しています。
非常に見た目が良く、保険の材料のような変色を起こしません。
汚れ(歯垢)が付きにくいのも特徴です。
また、ベニアによる治療は、ホワイトニングでは対応できない歯の変色の改善や、前歯が内側に入っている場合などに適している治療方法です。
金属を使わないため、経年的に歯茎が黒変しない利点があります。
セラミックは金属アレルギーの心配がなく、経年劣化もしにくい素材ですが、保険診療外になります。

ジルコニアフレーム

セラミックの中でもとりわけ丈夫で耐久性が高いジルコニアをフレームに使い、その上に審美性に優れるセラミックを塗りつけた被せ物です。
セラミックジルコニアクラウンは、色調・形態・強度に徹底的にこだわったセラミッククラウンです。
ジルコニアの強度と、オールセラミックの審美性を調和させた設計になっています。
ジルコニア単体でも被せ物は作れますが、セラミックを盛ることで硬さを調整し、見た目にも透明感のある美しい被せ物を作ることができます。

お電話はこちら