矯正歯科はいつから
blog84
いつから始めたらいいのか

正しいかみ合わせで、美味しく楽しく食べられることは健康の基本です。
大きく口を開いて笑うことは、心を豊かにし、周りを明るくします。

きちんと上下できちんと噛み合っていないと、食べ物をうまくかむことができません。
歯磨きで磨き残しが多くなり、ムシ歯や歯槽膿漏、口臭の原因ともなります。
アゴの関節にも悪い影響が出たり、食べ物を飲み込む時の舌やのどの動きにも異常が出ます。
入れ歯になってしまった時、歯がはえていた骨がズレているため、フィットする入れ歯が作つずらく、何度も作り直すこともあります。
歯ならびが悪いことがコンプレックスとなり、人とのコミュニケーションが嫌いになってしまう方の。

矯正歯科では、歯ならびをきれいにそろえることで、上下の歯のかみあわせや歯の周りの骨の状態を改善し、子供から大人に至るまでの口と心の健康をもたらすお手伝いをさせて頂きます。

矯正歯科を始める時期は、患者さんの歯ならびの状態や年齢などによって大きく異なります。
歯のデコボコがひどくなりそうな場合や出っ歯になりそうな場合も、成長する力の残っている若い時期であればより積極的な治療が可能となります。
また、アゴの骨の大きさに問題のある受け口(骨格性反対咬合)などで、骨の成長のタイミングを選んでコントロールする必要があるため、治療の時期を何回かに分けることもあります。

若い時にはきれいな歯ならびであったとしても、年齢とともに歯ならびは変化してしまうものです。
親知らずに押されたり、歯を失くしてそのまま放置してかみ合わせがおかしくなったなどでかみ合せは大きく変化します。
中高年になってからの噛み合わせの不正に対しても矯正治療が必要な時もあります。
矯正治療によって歯を移動させることは何歳になっても可能ですが、その際、特に歯ぐきや歯を支えている骨が健康であることが必要な条件とされます。

お電話はこちら