リッジエキスパンジョンとは
blog4

インプラントを埋入する際、その部位の歯槽骨の高さは十分でも顎の骨幅が少し不足していることがよくあります。このような症例に対して行われる骨造成の方法に「リッジエキスパンジョン」というものがあります。
この治療法はインプラントを埋入する部位の不足している顎の骨の幅を広げる骨造成法(手術)で、ボーンスプレダーという器具を使って、手指によるインプラント窩を段階的な圧縮・拡大・形成します。
上下顎ともに適応症とされますが、エキスパンジョンした際の頬舌側の骨幅の不足は歯槽頂部の吸収が生じやすいため、審美部位には慎重な適応が必要ですが、GBR法と組み合わせる方法などもあります。

お電話はこちら