痛くない インプラント
blog38

患者さまの歯科治療に対するイメージは、「痛い、恐ろしい」などと、良いものはあまりありません。この点に関して、当医院は、あらゆる局面において痛みをなくすように努力しています。
薬剤鎮静法は、吸入麻酔薬や、鎮静薬を投与し、その薬効により鎮静を得る方法です。特に、静脈内鎮静法は、点滴をし患者さまと会話しながら、安全を確認しながらかけてゆきます。手術が終わったころ、朝のめざめのような気分です。恐怖心の強い方などには、おすすめの方法です。当医院では、麻酔科でトレーニングを受けた医師や、麻酔認定医が担当いたします。

静脈内鎮静法について

静脈内鎮静法は、患者様の精神的緊張や手術に関する恐怖感・不安感を和らげます。当クリニックでは、麻酔専門医が点滴をとり、鎮静剤を投与し、局所麻酔を併用します。これによりインプラント手術に対する 不安や痛みなどの精神的・身体的ストレスを無くすことが出来ます。

静脈内鎮静法ってどんな状態?

血圧や呼吸を監視しながら、点滴から少しずつお薬を入れます。 数分してお薬が効いてくると眠くなります。全身麻酔のように意識がなくなることはありません。「お口を開けてください」といったこちらからのお願いにも応じることができ、会話をすることも可能です。感じ方はそれぞれですが、うたた寝をしているような感覚です。

どんな効果があるの?

不安や恐怖心が薄れ、リラックスして治療を受けることができます。
血圧や脈拍が安定します。処置中は自動血圧計などを使って、患者さんの状態を常に監視していますので、お体の病気が気がかりな方も安心して治療を受けることができます。
健忘(けんぼう)効果があるため、実際よりも処置時間が短く感じられます。処置を終えた患者さんからは、「もう終わったの?」、「気づいたら終わっていた」という声が聞かれることも少なくありません 。
通常の歯科治療と同じように、処置をする部分に対しては、痛み止めが必要ですが、それ自体を覚えていない方もいるほど、痛みも軽く楽に受けることができます。

お電話はこちら