骨が少ない方へのインプラント治療
blog3

骨が少ない、骨が薄い、骨が足りないといった理由でインプラントを断られてしまった方、あきらめてしまった方も多いのではないでしょうか。
歯を失うことでインプラント治療をする場合、骨造成が必要となる場合が多くあります。
特に骨がかなり少ない場合の骨造成には、高度な技術的なスキルが必要となります。その技術レベルよって、できる、できないかが分かれてきます。
どんな場合だとしても、患者様一人一人の口腔内の状況は異なりますので、レントゲン写真・ CT撮影をして診断をします。患者様の口腔状態によって治療方法を変えて、患者様にとって最も適した治療方法を選択いたします。
当クリニックでは多くのインプラント治療の経験があり、高度な技術と蓄積された経験から、骨が少ないから出来ないといったことは、ほとんどの場合、問題なくできます。
治療経験豊富な熟練の日本口腔インプラント学会 専門医と日本歯科麻酔学会 認定医が担当いたしますので、安心して手術を受けることができます。

お電話はこちら