歯が1本もない…
blog47

近年、日本でも歯に対する意識は高まっている傾向にあります。当クリニックでも定期健診を受ける方がふえてきております。
しかし、ある調査によると、70代で総入れ歯になっている人は約30%いるようです。さらに、80代になると約60%!
また、40代で総入れ歯になっているという人は約7万人以上いるというデータもあります。
その理由として、歯周病や虫歯が挙げられますが、歯周病は成人の8割近くの人がなっている可能性があるとも言われていることから、他人事ではないでしょう。
そうなのです、いつ自分の歯を失ってしまってもおかしくはない状況ということです。

総入れ歯は、健康保険が適応になるため治療費は安く抑えられます。また、外科手術の必要もないので身体的な負担も少ないです。しかし、天然の歯に比べて咀嚼力が著しく低下してしまいます。
また、硬いものや繊維の多いものを噛むことが困難になったり、歯茎が全て覆われてしまうので食事の美味しさが感じられなくなってしまうこともあります。
総入れ歯を使っている方で、「痛みを感じる」という経験はないでしょうか。総入れ歯のデメリットとして、使用しているうちに合わなくなってしまうことがあります。

当クリニックでは、インプラントの技術が発達したこともあって総入れ歯ではなくインプラントを選択する人も増えてきました。
最新の様々な治療法で、身体的な負担や金銭的な負担が少なく、さらに審美的にも美しい歯を取りもどすことが可能になってきております。

お電話はこちら