活動報告:ITI スタディクラブ北陸
bs5

9月7日 第1回 ITIスタディクラブ北陸にて講師をさせていただきました。
今回私が講師をさせていただいた内容は、「ITI Study Clubの活動について・インプラント治療におけるデジタル介入の可能性 ~ガイデッドサージェリーの勘所と口腔内スキャンを使用した補綴~」という内容でお話させていただきました。

歯科用CTの普及により、様々な解剖学的リスクを術前に把握できるようになり、リスクのある症例においては、ガイデッドサージェリーを併用することにより、適応症の拡大が可能となりました。安全な手術を実践するための勘所を単独歯から全顎にわたる治療例を交えて紹介させていただきました。
また、上部構造の作成のデジタル介入に関しては、CAD/CAM技術の導入により審美性と強度を併せ持つジルコニアなどの材料選択が可能となりましたが、口腔内スキャナーの導入による作業工程の変化と効率化について、様々な症例を交えながらお話をしました。

スタディクラブのご発足を心よりお喜び申しあげます。
希望に満ちた門出をお祝いすると共に、皆様に愛され、地域社会におけるインプラント治療の健全な発展と地域社会の健康を支えるスタディクラブへと大きく発展されることをお祈り申しあげます。
また、第一回目という記念すべき日に講師という大役を仰せつかりまして、大変光栄に思います。
この場をお借りしまして厚く御礼申し上げます。
今後の皆さまのご躍進とご発展されますことをお祈りいたします。

お電話はこちら