講演報告
srdcb1

公益社団法人 日本口腔インプラント学会 第38回関東・甲信越支部学術大会にて発表をさせていただきました。
私の発表内容は、
「狭小化した顎堤に細いワンピースインプラントを用いる優位性とテーパーロック連結した上部構造とその解除機構の提案」です。
インプラントは保険診療と違い、自費診療となるため高額な治療費となりやすくなります。
せっかくインプラント治療をするのであれば、長く使えて、骨造成を回避できるインプラント治療ができれば経済的負担も減りますし、骨造成をしなくて済めば長期安定性も増し、なにより患者さん自身の骨だけで治療が可能です。
今後とも研鑽を積んでまいりたいと思います。

お電話はこちら