歯周組織再生療法
blog48

歯周病は歯茎の炎症から始まり、のちに進行すると骨を溶かしていきます。
歯茎の炎症だけの段階であれば十分に治る可能性がありますが、ひとたび骨が溶けだしてしまうと、溶けた骨は戻ってくることはなく、元通りに治ることはないといわれていました。

再生療法とは、失われた歯周組織(歯肉、骨など)をよみがえらせる再生医療です。

歯周病で失った歯周組織の再生や、インプラント治療がいままで出来なかった部分の骨を再生することも条件次第では可能になります。

この治療を応用すれば、顎の骨の条件(厚み、形態)が悪くインプラントの埋入が難しい場合も、そこの骨の量を増やしてインプラント治療が可能になります。

お電話はこちら