認知症と歯科
blog47

残っている歯の本数が少ない高齢者ほど、脳の記憶をつかさどる部位である海馬付近の容積が減少していることが、研究が報告されています。
これまでの研究で、アルツハイマー病に罹ると海馬が萎縮することが知られていることから、歯の本数と認知症との間にはなんらかの関係があることがわかっています。
つまり認知症の予防には、自分の歯の本数を保つことが大切であると考えることができます。

このような研究結果から噛むことで脳は刺激されるますが、歯がなくなりと脳が刺激されなくなります。それが脳の働きに影響を与えているのではないかと考えられます。
しかし、歯を失っても、インプラント治療や入れ歯等の治療により、再び噛むことができれば認知症の予防につながりますので、あきらめずに治療を受けることが大切です。

お電話はこちら