再生療法について
blog38

歯周病が進行すると、歯肉や骨などの歯の周辺組織が破壊されます。
歯周病治療により、それ以上の進行を止め、歯肉の状態を改善する事は可能ですが、一度失われた組織を元の状態に戻すことはできません。

つまり、歯周病治療が成功しても、歯肉の腫れや出血は収まりますが、一度減った骨は再生しませんので、歯がぐらぐらしてしまっている方は、そのまま改善しないのです。

歯周組織再生療法「エムドゲイン」

しかし、歯周組織再生治療により、骨を含む歯周組織の再生が可能になりました。
それが、歯周組織再生療法「エムドゲイン」です。
エムドゲインとは、エナメルマトリックスという豚の歯杯組織から抽出したタンパク質で、これを歯周病治療に応用し、歯が発生する時と同じ環境を作り出し、歯周組織を再生します。

歯周組織が再生することによって、次のような効果が得られます。
・歯周ポケットの改善
・骨の再生

歯周病の全てのケースでエムドゲインが適応となるわけではありません。
エムドゲインが適応となるのは、歯の周りの骨が全周にわたり吸収された症例ではなく、部分的に吸収された症例です。
また、エムドゲインよる副作用の報告はありません。

あなたの歯周病ももしかしたら再生できるかもしれません。
一度ご相談ください。

お電話はこちら