お子さま向けケア
blog60

妊娠期のケア
妊娠期だから子どもの歯はまだ関係ないなんて思っていませんか?
妊娠中のお母さんがきちんとお口の健康を心がけ、バランスの良い食事をすることは赤ちゃんの健康な歯を守ることにつながります。
これから生まれてくるお子さまのためにももう自分は一人じゃないと自覚していきましょう。

出産期のケア
赤ちゃんの健康な歯を育てるにはお口ケアのトレーニングと家族の積極的なお口の健康づくりが大切です。
赤ちゃんにとっての大切な栄養源はママのおっぱいやミルク。
この時期、固形の食べ物は口にしませんが、お口の中は食べ物を食べるための準備が始まっています。
ママの食事やタバコなどすべてが赤ちゃんに影響していきます。
元気な子どもに育ってほしいですよね。

育児期のケア
育児期になると、子どもの歯の本数も増え、様々な食事を口にするようになり、ムシ歯にならないか不安になります。
乳歯のムシ歯予防は、まずママや家族のムシ歯予防から始まります。
子どものお口の中はとってもキレイ。
もともとムシ歯菌(ミュータンス菌)なんてものは存在していません。
ムシ歯菌(ミュータンス菌)の感染経路は、ママや家族の唾液を介して子どもの口に感染します。
ママや家族のお口の中にムシ歯菌がたくさんいると大人がなめた同じスプーンで食べさせるなどした時に子どもの口の中に侵入してしまいます。
家族全員でムシ歯予防をしていきましょう。

お電話はこちら