メタルフリーって何?
blog40

現在歯科治療において主に使用されている材料は金銀パラジウム合金やアマルガムというもので、俗に言う「銀歯」です。
安価であり、そこそこ耐久性もあるため保険治療の主役となっています。
皆さんも銀歯を入れている方は多いことでしょう。

しかし、昨今金属アレルギーへの不安や見た目の悪さ、または歯ぐきへの悪影響など様々な問題が指摘されるようになってきました。
私たちは金属を一切使用しないメタルフリー治療を積極的に行っており、その高い審美性や機能性から多くの患者様から高い評価を頂いております。

金属アレルギー
アレルギーと聞くと、花粉症や食品アレルギーを思い起こす方が多いと思います。
人間は自分の体を守るために「免疫」を備えています。
「免疫」とは細菌やウイルスなどの「異物」を排除して病気になるのを防ぐ働きがあります。
その「免疫」が本来敵ではない食品や花粉、金属に反応して起こるのがアレルギーです。
金属アレルギーの多くはネックレスや時計、ベルトなどに触れた部分が赤くなったり強い痒みを生じる「アレルギー性接触皮膚炎」というもの。
症状が重い場合には皮膚が剥けてしまうことや手足や全身にまで広がることもあります。

歯の治療金属が原因のアレルギー
口腔内に金属が存在することは、金属アレルギーになるリスク要因が常にあるということです。
金属は常に唾液や浸出液(体液)という液体に接触しており、特にイオン化しやすい金属では金属イオンとしてたんぱく質と結合し、生体から「異種たんぱく=異物」と見なされることがあります。
現在金属アレルギーを発症していない方でも、口腔内に金属がある限り金属イオンの溶出は進み、生体内に蓄積されていきます。

金属アレルギーをお持ちの方は、金属素材を使った治療はおすすめできません。
メリット以上にデメリットの方が多いのです。
保険が使えて安く治療できるからと金属素材を使った治療を行うと、かえって費用が高くなるというケースも。。。

もしかしたらと感じた方は、一度ご相談にいらしてください。

お電話はこちら