インプラント周囲炎について
blog40

インプラント治療は日本でも非常にポピュラーな治療となっています。
しかし一方で、インプラント周囲炎も増加傾向にあります。
インプラント周囲炎は、インプラント周囲に骨吸収が起き、場合によっては、インプラントが抜けてしまうこともある、恐ろしい病気です。インプラントを埋入した部分は、歯周組織ではなく、インプラント周囲軟組織と呼ばれ、天然の歯の場合とは大きく異なります。

インプラントは直接骨に埋入されており、天然の歯と歯周組織の様な生体防御機構よりも弱く、一度インプラント周囲炎にかかると、その進行は、天然の歯の歯周病と比べても速く、重症化しやすいという特徴があります。

ホームケアや定期メインテナンスを怠ったり、歯周病の原因となる細菌の感染、歯ぎしりやくいしばりによる過剰な力などの力学的要因が原因と考えられています。

まだ初期の段階の場合には、周囲ポケットの洗浄など、非外科的治療が有効とされています。しかし、骨の吸収が2mm以上認められる場合には、抗生物質療法や、再生療法などの、外科的治療を第一選択肢にすべきとされています。

そうなる前からきちんとメンテナンスを行いましょう。

お電話はこちら