虫歯にオススメの食べ物
blog12

虫歯は、3大栄養素の炭水化物を過剰に摂りすぎたことにより起こります。
炭水化物は糖質+食物繊維で出来ています。

タンパク質:脂質:炭水化物の理想的な割合は2:2:6です。
特に白米やパンは良く咬むと甘い感じがすると思います。それは糖質が多く含まれていて、たくさん食べると摂りすぎることになるので炭水化物の割合が多くなります。

次のような傾向があれば摂りすぎになります。

・野菜や肉類よりも、ご飯、パン、パスタなどを好んで食べる
・お腹がすいていなくても食べてしまう
・食べても2時間ぐらいするとまた食べたくなる
・食後に甘いデザートを食べないと気がすまない
・疲労感が強い
・イライラしたり、悲しくなったり、孤独や不安な気持ちになったりする

虫歯でもお魚などのオメガ3脂肪酸を摂ることにより、全体の割合を保て虫歯になりにくくなります。

虫歯にはなりたくない、でも甘いものをやめるのは難しいという方は、代用糖を上手に使ってみてはどうでしょうか?
食後のコーヒーや紅茶に代用糖(白砂糖ではなく黒砂糖やはちみつでいいです)をいれてみるなど工夫をしてみてください。
自然な風味とちゃんとした甘さがありますので、こっちにはまってしまうかもしれないですよ。

お電話はこちら