矯正歯科で抜歯する?
blog84
「絶対に歯を抜かない」はありません

矯正治療において歯を抜くか抜かないかについての判断はとっても大変重要なことです。
歯を動かしてきれいにならべるには、そのためのスペースが必要になります。
でもそのために健康な歯を抜かなければならない時もあります。
いったいどうすればいいのか。

デコボコしている状態の歯並びを動かしてきれいに並べるためには、スペースが必要です。
通常の矯正治療を行う時は、歯列の幅を広げたり、奥歯から順次後ろへ移動させたりしてスペースを獲得し、歯並びを整えます。
ですが、一人ひとりアゴの大きさは異なります。
人によって動かせる量に限りがあり、限界を超えてしまうと、かえって後戻りなどの弊害が起こることがあります。
そのような場合には歯を抜く必要があります。
模型やレントゲン、歯科用CTを用いて、歯のデコボコの程度やアゴの骨の大きさ・かたち、方向や位置などを確認し、審美的な面も含め、総合的に診断します。
当然出来るだけ歯を残すようにと考えますが、どんな場合でも絶対に歯を抜かない、という治療はあり得ません。

Related Posts