口臭について
blog48
インプラント治療はチタン製

何らかの理由で歯を失った場合、その部分に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を装着して、天然歯のような機能を取り戻すのがインプラント治療です
インプラント材料には、純チタンあるいはチタン合金が使用されています。
最近ではジルコニアでできたインプラントもあります。

チタンは生体親和性にすぐれ、骨と直接、強固に結合する性質を持っています。
また、アレルギーが起きにくく、生体内で長期的に安定しているため、歯科および整形外科でもインプラントとして使用されています。

インプラントの歴史

紀元後600年頃、マヤ族が歯を失った部分に貝殻を埋め込んで、歯の再建を行っていました。
まさしくインプラントですね。
1952年、スウェーデンのブローネマルク先生が、動物実験の際に偶然、骨の中に埋めたチタンが骨と直接、強固に結合している事を偶然発見しました。
その後、チタン製の歯科インプラントの研究・開発をすたーとさせ、ブローネマルク博士は1965年に初めてチタン製インプラントを患者の顎に埋め込みました。
このインプラントは、患者が2005年に亡くなるまで40年間機能し続けました。

日本で初めて治療が行われたのは、1983年。
いまでは生活の質(Quality of Life)を向上させる治療方法として、日本でも普及しました。

インプラントと天然歯の違い

天然歯には歯根膜がありますが、インプラントには歯根膜がなく骨に直接結合しています。
インプラントは人工物なので虫歯になりません。
しかし、プラーク(歯垢)の付着によって、インプラント周囲の粘膜が炎症を起こすと、歯周病のような状態になる事があります。これがインプラント周囲炎です。
インプラント周囲炎を放置してしまいますと、最後はインプラントの撤去になってしまうことがあります。
定期的なメンテナンスがインプラント長持ちの秘訣です。

Related Posts

お電話はこちら