GBR法(骨組織誘導再生法)とは
blog31

GBR法(骨誘導再生法)は、骨の再生を促す特殊な膜(メンブレン)を使用して骨幅や高さが足りない患者様の骨量を増やす方法です。
骨欠損の部位に自家骨を移植したり人工骨補填材(骨が出来るのを助ける材料)を盛り上げ、その上を膜(メンブレン)で覆います。
数ヶ月後には、膜の内側には骨が出来ます。
また、骨量が少ないことで、インプラントが完全に骨の中におさまりきらず、その一部が骨の外側に露出してしまうといった場合に、露出してしまった部分にメンブレンと呼ばれる人工膜を覆い被せることによって骨の再生を促進するための方法です。

お電話はこちら