インプラントの歴史について
blog12

健康な歯を維持するには適切なケアが重要です。
ですが現実は、自分の歯が生涯健康な歯で暮らせる訳ではありません。
歯周病や虫歯、また事故など様々な要因によって歯を失う危険性はあります。
歯を失った部分を補う治療法として、入れ歯やブリッジなどよりも美容上のメリットが大きく、さらに咀嚼力なども健常な歯に近い手術方法としてインプラントが挙げられます。

世界中で膨大な数の治療実績が蓄積されているインプラントという治療方法ですが、発祥は紀元3世紀頃まで遡ります。もちろん今のように高度な治療技術はないのですが、まさしく今のインプラントと通じる治療の跡がヨーロッパや中南米など様々な場所で発見されているのです。骨に直接鉄製の歯を差し込むという方法ですが、中には貝や金、またエメラルドなどの貴金属で作られたものもありました。

その後インプラントが歴史上最も注目されるきっかけとなったのは、チタンと骨の結合の発見です。1952年にスウェーデンの学者であるブローネマルク教授がうさぎの骨にチタンを埋め込む実験を行っていた所ある奇妙な点に気が付きます。うさぎの骨とチタンが結合していたのです。その後様々な実験を繰り返す内に、骨とチタンの融和性をオッセオインテグレーションと名付け、チタンは骨に悪影響を与えにくく、結合が行われやすいことをまとめました。
こうした基礎研究の後人体への応用へと発展していきますが、1965年にチタン製のスクリューネジ型のネジのようなものを骨に埋め込む臨床実験が行われました。これが現代に繋がっています。

お電話はこちら