骨が少ない方

less-bone

Low Bone Density
骨が少ない方へのインプラント治療
高度な技術と蓄積された経験

骨が少ない、骨が薄い、骨が足りないといった理由でインプラントを断られてしまった方、あきらめてしまった方も多いのではないでしょうか。
歯を失うことでインプラント治療をする場合、骨造成が必要となる場合が多くあります。
特に骨がかなり少ない場合の骨造成には、高度な技術的なスキルが必要となります。その技術レベルよって、できる、できないかが分かれてきます。
どんな場合だとしても、患者様一人一人の口腔内の状況は異なりますので、レントゲン写真・ CT撮影をして診断をします。患者様の口腔状態によって治療方法を変えて、患者様にとって最も適した治療方法を選択いたします。
当クリニックでは多くのインプラント治療の経験があり、高度な技術と蓄積された経験から、骨が少ないから出来ないといったことは、ほとんどの場合、問題なくできます。
治療経験豊富な熟練の日本口腔インプラント学会 専門医と日本歯科麻酔学会 認定医が担当いたしますので、安心して手術を受けることができます。

あらゆる状況・状態でも確実なパフォーマンスを
ソケットリフト法

ソケットリフト法は、上顎の骨を再生するための治療方法であり、口腔内から上顎洞底部を持ち上げて隙間を作ることにより、再生療法や骨移植などで骨造成を誘導する治療法です。
上顎臼歯部にインプラントを埋入するために十分な長さが足りない場合に行われます。
腫れや痛みも少なく、比較的簡単な手術です。

サイナスリフト法

サイナスリフト法は、上顎と上顎洞との距離が狭く、そのままではインプラントは不可能な場合(ソケットリフト法では対応できない)に行う治療方法です。
サイナスリフト法は、治療時にインプラントを同時に埋入しませんので、骨が完全に安定し、治療が完了するまで4~6ヶ月くらいの期間がかかってしまいます。
精密な診断の後、あらゆる治療法を提案し、治療期間が短く、また患者様の負担が軽い治療法を提案いたします。
どうしても骨が少ない場合、このサイナスリフト法をご提案します。

GBR法(骨組織誘導再生法)

GBR法(骨誘導再生法)は、骨の再生を促す特殊な膜(メンブレン)を使用して骨幅や高さが足りない患者様の骨量を増やす方法です。
骨欠損の部位に自家骨を移植したり人工骨補填材(骨が出来るのを助ける材料)を盛り上げ、その上を膜(メンブレン)で覆います。
数ヶ月後には、膜の内側には骨が出来ます。
また、骨量が少ないことで、インプラントが完全に骨の中におさまりきらず、その一部が骨の外側に露出してしまうといった場合に、露出してしまった部分にメンブレンと呼ばれる人工膜を覆い被せることによって骨の再生を促進するための方法です。

リッジエキスパンジョン

インプラントを埋入する際、その部位の歯槽骨の高さは十分でも顎の骨幅が少し不足していることがよくあります。このような症例に対して行われる骨造成の方法に「リッジエキスパンジョン」というものがあります。
この治療法はインプラントを埋入する部位の不足している顎の骨の幅を広げる骨造成法(手術)で、ボーンスプレダーという器具を使って、手指によるインプラント窩を段階的な圧縮・拡大・形成します。
上下顎ともに適応症とされますが、エキスパンジョンした際の頬舌側の骨幅の不足は歯槽頂部の吸収が生じやすいため、審美部位には慎重な適応が必要ですが、GBR法と組み合わせる方法などもあります。

エムドゲイン歯周組織再生療法

大きな可能性を秘めた歯周組織再生誘導材料のエムドゲインは、世界の様々な国で使用されています。

近年日本でもインプラントを希望する患者様が増えてきています。
しかしながら、歯を失った場合、周囲の骨も溶けて少なくなってしまっていることが多いのが現状です。インプラントを埋める為に必要な骨が不十分で、インプラントを諦めてしまっている患者様も多いようです。

当クリニックでは様々な骨再生手術を行っております。
骨の再生治療により、他院ではインプラント不可能と診断された患者様、歯周病の治療をあきらめてしまった患者様に希望を与えられるかもしれません。
是非一度ご相談ください。

ガイデッド サージェリー

CTスキャンデータを用いて、3Dシミュレーションソフト上でインプラントの埋入位置を設計します。その設計データをもとにインプラント埋入ガイド「サージカルガイド」を作製いたします。
このガイドにはあらかじめシミュレーションで算出したインプラントの種類、入れる場所、角度などが正確に記録されております。
手術はこのサージカルガイドを歯肉に装着し、歯肉の一部分に小さな穴を開けて行う「無切開・無剥離で行うフラップレスインプラント術式」です。ほとんど歯肉を切らずにインプラントを埋め入れるため、傷を最小限に抑えることができます。術後の腫れや痛みを抑えることができ、回復も早まります。
もちろん骨の状況等により「無切開・無剥離で行うフラップレスインプラント術式」ができない場合もあります。
その場合でもあらかじめシミュレーションで算出したインプラントの種類、入れる場所、角度に正確に埋入されます。

ショートインプラント

治療する歯の位置によっては、インプラントを埋入する高さ、幅が十分にとれないことがあります。その場合、通常は、骨量を増やす「骨移植」が必要になります。これは外科的な手術で、骨移植後の経過を見てインプラント治療に入るため、治療期間も長くなり、結果的に患者さんに負担を与えてしまいます。
ショートインプラントは、骨移植をせずにインプラント治療が可能な場合に使用します。
より高度な治療技術が必要になりますが、短くても優れた固定機能を発揮します。 骨移植のリスクや経済的負担がないことが大きな魅力です。
少しでも患者さんの負担を軽減する治療が望ましいと考えています。

細いインプラント

長期の成功率や、審美性の要求の高まりに伴い新しいインプラントの必要性を感じました。
長年インプラント治療に関わり、既存するインプラントの失敗に繋がる問題点や合併症を踏まえ
・骨量がある程度ないと埋入できない
・インプラント周囲炎
・着脱が面倒
などの点を改良したく、インプラントを使用しております。

治療する歯の位置によって骨の幅が十分にとれないことがあります。
骨量を増やす「骨移植」をせずに、患者さんの負担を軽減するため細いインプラントを使用します。
このインプラントにより、インプラント周囲炎のリスク軽減、あらゆる骨質への対応など、常に患者様とインプラント治療における課題・社会的ニーズを満たす可能性がとても高いと感じております。

MESSAGE
インプラント専門医による的確な治療が重要

誰しも、口腔内で長期的に安定したインプラントを望んでいるが、適切なインプラント治療がなされなければ、悲惨な結果を招きかねません。このようなインプラント周囲炎に不幸にも罹患した場合、そのインプラントが重症化し、最終的に「撤去」しなければならない状態になる前に、我々は様々な対応をとらなければなりません。

当然ながら、適切な治療計画を立案して様々なリスク因子を排除し、適切なインプラント治療を行うことによるインプラント周囲炎の可能性の排除は当然ですが、埋入後にインプラント周囲炎に罹患した場合はできるだけ早期にその事実を発見し、原因を除去、処置することが重要です。

インプラントの周囲組織は天然歯のそれとは異なり、その防御機構は弱く、炎症が波及すると容易に深部に波及する可能性が高く、いかに早く発見出来るかは重要な要素の一つです。

院長 佐藤隆太

歯科医師 博士(歯学)
東京歯科大学非常勤講師
日本口腔インプラント学会 専門医
日本口腔検査学会 認定医
歯科医師臨床研修指導歯科医

高度な技術と最新の機器を取りそろえ、徹底した衛生管理のもと、 インプラントセンターとしての役割を担う歯科治療を提供します。

お電話はこちら