インプラントの治療費について

costs

The Cost of Dental Implants
よりわかりやすく、より明解に
ご納得のいくインプラント治療を

患者様にとって本当にメリットのある質の高い診療を実践するために、
当院は自由診療を専門とするクリニックとしてスタートしました。
自由診療で、しっかりと妥協なく治療しておけば、
歯は長く使えるようになり、見た目もきれいで快適に過ごすことができます。

そして、患者様に少しでも安心して治療を受けていただけるように、
治療費用をオープンにしています。
(症状や治療期間によって異なる場合もあります)

治療につきましては、
事前にカウンセリングで歯についてのお悩みと治療についてのご希望をうかがった上で、
実際に歯を診察してから治療内容について再度ご相談し、
治療計画、治療期間、治療費の見積りをいたします。

COSTS OVERVIEW
インプラント基本治療の費用
e.max プレスジルコニアプレミアム
上部構造
12万円15万円18万円
アバットメント
5万円5万円5万円
インプラント埋入
25万円25万円25万円
ブリッジ タイプ

ブリッジタイプ(固定式補綴物)は機能的および審美的観点から、患者さん自身の天然歯列とかなり似ております。より快適に感じていただけるよう補綴物を小さくすることができ、さらに、粘膜による支持の必要がないため、より強い力で咀嚼することができ、幅広く食物を食べることができます。QOLに対する満足度もとても高いです。

4本設計は最小で、本数を少なくすることができますが、骨の状態などによっては強度的に不安なケースもあります。
6本設計は4本設計に比べ、強度的に余裕がありますが、ネジ止め設計(固定式補綴物)のみとなります。
8本以上は強度とメインテナンサビリティーに優れ、インプラント周囲炎の発生率が抑えられます。
さらにITインプラントであれば、ガイデッドサージェリーを含めてコストを抑えることが可能です。

4本 ブリッジ
200万円~
6本 ブリッジ
300万円~
8本 AGC フルブリッジ
400万円~
8本 ITインプラント&サージカルガイド
320万円~
オーバーデンチャー タイプ

ブリッジタイプ(固定式補綴物)では対処できない軟・硬組織の欠損やインプラントを埋めるスペースが十分に確保できない場合など、オーバーデンチャータイプ(可撤式補綴物)が最適なケースもあります。
総義歯の不十分な機能に苦労してきたこれら患者さんに対し、オーバーデンチャー(可撤式補綴物)は、審美性、発声、機能の要件を満たす方法で、必要な維持、安定性、失われた軟・硬組織の代替として、機能回復に貢献します。
また、オーバーデンチャー(可撤式補綴物)は患者さん自身で取り外しが可能なため、固定式インプラント補綴物と比較し、口腔衛生管理の方法がより簡便です。

2本 オーバーデンチャー
85万円~

下顎のみ対応

4本 オーバーデンチャー
150万円~

上下顎対応

インプラント治療関連費用
治療メニュー  
治療内容対象費用
 カウンセリング初回来院時無料
当院では、より正確なカウンセリングをして理解していただくために、必要に応じてレントゲン検査及び口腔内写真撮影を行います。
院外への情報提供をするためには別途12,000円(税抜き)かかります。
初診料レントゲン検査及び治療に必要な薬代を含みます。
 初診料(検診+クリーニング)初回治療開始時10,000円
応急処置(痛みを取る、取れたものをつけるなど)1回3,000円〜5,000円
インプラント治療
 セカンドオピニオン 相談のみ1回無料
 衛生管理料(感染症血液検査 未検査の方のみ)毎回(条件により不要)2,000円
 血液検査(生活習慣病+感染症)1回15,000円
 治療準備費用1回20,000円
 インプラント2次手術1本10,000円
インプラント治療オプション
 ガイデッドサージェリー(サージカルガイド)1装置100,000円
 GBR(骨の量を増やす手術)上下顎に適用1部位(連続2歯まで)100,000円
 サイナスリフト(骨の量を増やす手術)上顎のみ適応片側150,000円
 静脈内鎮静法1回50,000円
お支払いについて
お支払方法

当院では現金、お振込みによるお支払い以外にも、
各種クレジットカードでのお支払い(一括払い、分割払い、ボーナス払い)
デンタルローンでのお支払いをご用意しております。

お支払い回数、患者様のご希望に沿ったお支払い方法が各種可能です。お気軽にお問い合わせ下さい。

医療費控除について

1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、
納めた税金の一部が還付されます。
領収書は大切にとっておきましょう!

医療費控除とは、自分自身や家族のために、その年の1月1日から12月31日までに10万円以上の医療費を支払った場合に、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。
申告し忘れても、5年前までさかのぼって医療費控除を受けることができます。
申告の際に必要な書類や医療機関から受け取った領収書、通院の際にかかった交通費や費用の領収書などは大切に保管しておきましょう。

失った歯を補う方法として、健康な歯を失わずにできる唯一の治療法です。
安心・安全を担保した状態でのインプラントが大切です。
また、最近ではインプラント治療とひとことに言っても、さまざまな治療法が確立されています。
そして、患者さんの希望もさまざまです。
「総入れ歯をインプラントに変えてほしい。」
「お手入れができるようにしてほしい。」
「骨が少ないと言われたがインプラントにしてほしい。」
「無痛治療にしてほしい。」
などなど、
インプラント治療を希望する患者さんが増えている中、患者さんニーズも多様化しています。
エスアールデンタルクリニック SRデンタルインプラントセンター大崎では、スタンダードなインプラント治療から患者さんが希望する知識や技術、経験が必要なインプラント治療にも対応しています。
患者さんの生活スタイルや経済的な面など、あらゆる角度から、無理のない治療プランをご提案させていただきます。
また、セカンドオピニオンとしても機能しています。他医院で断られてしまった患者さんでも私たちが解決の糸口を見いだせるかもしれません。
お困り事がありましたら、一度ご相談に来てください。

MESSAGE
インプラント専門医による的確な治療が重要

誰しも、口腔内で長期的に安定したインプラントを望んでいるが、適切なインプラント治療がなされなければ、悲惨な結果を招きかねません。このようなインプラント周囲炎に不幸にも罹患した場合、そのインプラントが重症化し、最終的に「撤去」しなければならない状態になる前に、我々は様々な対応をとらなければなりません。

当然ながら、適切な治療計画を立案して様々なリスク因子を排除し、適切なインプラント治療を行うことによるインプラント周囲炎の可能性の排除は当然ですが、埋入後にインプラント周囲炎に罹患した場合はできるだけ早期にその事実を発見し、原因を除去、処置することが重要です。

インプラントの周囲組織は天然歯のそれとは異なり、その防御機構は弱く、炎症が波及すると容易に深部に波及する可能性が高く、いかに早く発見出来るかは重要な要素の一つです。

院長 佐藤隆太

歯科医師 博士(歯学)
東京歯科大学非常勤講師
日本口腔インプラント学会 専門医
日本口腔検査学会 認定医
歯科医師臨床研修指導歯科医

高度な技術と最新の機器を取りそろえ、徹底した衛生管理のもと、 インプラントセンターとしての役割を担う歯科治療を提供します。

お電話はこちら