治療費について

COST

high-quality dental care
質の高い治療
治療メニュー
治療内容対象費用(税込)
 カウンセリング初回来院時無料
当院では、より正確なカウンセリングをして理解していただくために、必要に応じてレントゲン検査及び口腔内写真撮影を行います。
院外への情報提供をするためには別途15,000円(税込)かかります。
初診料・再診料レントゲン検査及び治療に必要な薬代を含みます。
 初診料(検診+クリーニング)初回治療開始時11,000円
 再診料毎回3,300円
応急処置(痛みを取る、取れたものをつけるなど)1回3,300円〜5,500円
予防のための歯科ドック
 歯の健康検査1回16,500円
 歯周病細菌精密検査(PCR-IVD法)4菌種22,000円〜
歯のクリーニング・ホワイトニング
 クリーニング1時間7,700円
 2回目以降のクリーニング(6ヶ月以内)1時間3,850円
 ホームホワイトニング (ご自宅で白くする方法)1回
(上下)
21,780円
精密模型診断1回55,000円~110,000円
抜歯
 抜歯1本11,000円
 親知らず抜歯1本16,500円
歯周病の治療
 歯周ポケット精密検査随時無料
 SRP (歯の周りの掃除、歯石除去)1/6顎ずつ7,700円
 その他歯周外科治療1部位22,000円〜
インプラント治療
 セカンドオピニオン 相談のみ1回無料
 衛生管理料(感染症血液検査 未検査の方のみ)毎回
(条件により不要)
2,200円
 血液検査(生活習慣病+感染症)1回16,500円
 治療準備費用1回22,000円
 インプラント埋入手術1本275,000円
 カスタムアバットメント1本55,000円
 インプラント上部構造1本被せ物に準じます。
インプラント治療オプション
 精密ガイデッドサージェリー(サージカルガイド)1装置110,000円
 GBR(骨の量を増やす手術)上下顎に適用1部位
(連続2歯まで)
110,000円
 サイナスリフト(骨の量を増やす手術)上顎のみ適用片側165,000円
 静脈内鎮静法1回55,000円
被せ物
高強度審美クラウン

1本 / 180,000円

ジルコニアクラウン

1本 / 150,000円

emax.クラウン(前歯のみ適用)

1本 / 120,000円

ホワイトクラウン(着色なし)

1本 / 92,500円

ゴールドクラウン

1本 / 100,000円

シルバークラウン

1本 / 35,000円

虫歯の治療
 CR (プラスチックの詰め物)治療回数1回1本9,900円
 インレー (金属)治療回数2回1本27,500円
 インレー (セラミックの詰め物/小)治療回数2回1本77,000円
 アンレー (セラミックの詰め物/大)治療回数2回1本77,000円
根の治療
 前歯 (前から1〜3番目の歯)1本33,000円
 臼歯 (前から4〜7番目の歯)1本55,000円
 治療オプション: 個人専用器具セット(6本組)1セット8,800円
歯の土台
 レジンコア1本16,500円
 ゴールドコア1本33,000円
入れ歯(義歯)
 総入れ歯(金属フレーム入り)1装置385,000円〜800,000円
 部分入れ歯(金属フレーム入り)1装置55,000円〜400,000円
 ノンクラスプデンチャー1装置55,000円〜400,000円
 義歯調整料1回2,200円〜30,000円
 インプラント支持型総義歯(プラスチック製)1装置165,000円〜800,000円
矯正(治療期間2年半〜3年)
 矯正カウンセリング無料
 矯正検査診断料38,500円
 白い装置+金属色ワイヤー基本料金825,000円
 白い装置+白いワイヤー基本料金935,000円
 舌側矯正基本料金1,320,000円
 マウスピース矯正基本料金330,000円~1,100,000円
 部分矯正基本料金330,000円〜1,100,000円
 矯正用インプラント1本33,000円
 矯正調整料(再診料別)毎回2,200円
スプリント(マウスピース)
 スプリント (スポーツマウスガード)1装置33,000円
 スプリント (ナイトガード:歯ぎしり対策)1装置33,000円
 スプリント (噛み合わせ、顎関節治療用)1装置33,000円
被せ物のデメリット・リスク
割れることがある

セラミックは、白い陶製の材料です。そのため、瞬間的な強い力がかかったとき、陶器のように割れてしまうことがあります。大きな力がかかることが分かっている奥歯には、ジルコニアなどの硬度の高い材料を選ぶことが大切です。

保険がきかない自費診療である

セラミック治療には、健康保険が適用されません。そのため、保険診療と比べると費用が高額になります。

神経を抜く治療をする場合がある

これは保険診療の場合にも言えることですが、虫歯が歯髄にまで達している場合には、神経を抜かなければならないことがあります。マイクロスコープを完備しているなど、精密な虫歯治療が可能な歯科医院ほど、神経を残せる可能性が高まります。

治療期間中は痛みを伴うことがある

治療中は麻酔処置が可能ですので、ほとんど痛みはありません。しかし医院を出られて麻酔が切れるころ、どうしても痛みが現れることがあります。通常、日常生活には影響のない程度ではありますが、もし強く痛んで我慢できないというときには、すぐにご連絡ください。

セラミックは一生ものではない

二次虫歯が生じたり、歯周病で歯茎が下がり審美的な問題が出てきたときには、セラミックの交換が必要になることがあります。セラミック治療を終えてからの定期的なメインテナンス、毎日の丁寧なセルフケアが、セラミックを少しでも長く使うためには欠かせません。