抜歯が必要と言われたら|インプラントセンターからのお知らせ

抜歯が必要と言われたら|インプラントセンターからのお知らせ

インプラント治療をご検討中の方へのお知らせです。
=歯を抜く前の治療計画が重要です=

 抜歯という診断を受けてから、歯を抜いた後のことを初めて考えることになることと思います。入れ歯、ブリッジ、自家歯牙移植、インプラントなど様々な治療法がありますが、それぞれの治療法のメリット・デメリットをよく理解した上で、自分にあった方法を選択していただきます。各治療法に合った治りの良い手順を踏みたいと考えていますので、まずは歯を抜かずにご相談ください。


=歯を抜いた瞬間に確認させてください=

 インプラント治療の一連の手順において、最も大事な瞬間はインプラントを埋め込む手術のタイミングであることは言うまでもありませんが、その次に大事なタイミングは抜歯です。歯科医師がインプラントを埋め込む手術を行う前に、顎の中の状態を直視できる唯一の確実なタイミングだからです。インプラントを長くお使いいただくために必要な条件を手術の前に揃えておくことも可能です。
 近年、術前にCTにて3次元的な骨の形を把握することは、あたりまえになってきましたが、抜歯をしてからの治癒過程の骨は抜歯から少なくても半年以上経たないとレントゲン写真には写ってきません。ですから、通常抜歯後半年以内に手術を始めるときはレントゲン通りの骨の形ではない事になります。もちろん、新しくできてきている骨の形は経験の中から予測して手術を始めるわけですが、抜歯の時の骨の硬さやレントゲンに写らない小さな骨の形、出血の具合など治りに関わる条件を事前にチェックすることでより精度の高い診断のもとに治療計画を立てております。一つでも多くの有利な条件を集めながら、安心・安全なインプラント治療に臨んでおります。

また条件が揃っていれば、抜歯した直後にインプラントを埋入する抜歯即時インプラント埋入手術が可能です。さらに条件を満たしたという場合に限り、手術当日に即時修復治療(すぐ歯を入れる治療)に対応しております。


スタッフ
スタッフ

Comments are closed.